学科紹介

車体科(1年課程)

目標資格
自動車車体整備士

近年、高い衝突安全性能を備えてますます特殊な構造になってきたクルマのボディ。事故で損傷した自動車のフレームまたはボディの点検・修正をして、初期の安全性や外観を復元したり、自動車を美しくドレスアップする板金・塗装の知識や技術を1年間学び、車体整備士の国家資格取得を目指します。

補修・塗装の工程

旧塗膜剥離

syatai01ダメージ部分と劣化塗膜部分をディスクサンダーで剥離します。(シングルサンダーを使い、周りの塗装部分との境を滑らかに剥がす事を、フェザーエッジをつくると言います)

パテ付け 研磨作業

syatai02空気のス穴をつくらないように注意しながら、パテ付けを行う。乾燥後鋼板基準面に沿って歪みを確認しながら、面出しを行う。

プライマーサフェーサー(下塗り)

syatai03パテ付面や旧塗膜のペーパー傷を埋め、均一な塗面に仕上げるとともに、上塗り塗料の付着性、耐久性を向上させます。

仕上げ

syatai04混合比率や気温に応じた硬化剤・シンナーを使用し現車に合うように調合した塗料を塗装面に合わせ、口径の違うガンで薄く何回も吹き均一にムラなく塗る技術を身に付けます。

学科 259時間
  • 車体の構造
    材料・力学・構造機能
  • 車体の整備
    整備・板金・塗装・損傷診断
  • 自動車検査
実習 759時間
  • 車わく及び車体の整備
    点検/分解/組立/調整/検査/板金・塗装・損傷診断・自動車検査作業
設備
  • フレーム修正機(オートポール)
  • プッシュプル型塗装ブース
  • 遠赤外線パネルヒーター
  • アルゴンガス溶接器
  • スポット溶接器
  • TIG溶接器
  • ペイントかくはん装置
  • 低溶剤塗料100色以上常備
  • プラズマカッター
  • 集塵設備

年間スケジュール

4月
  • 入学式
  • オリエンテーション
5月  
6月   7月
  • タイヤ充填講習
  • 夏休み
  • 玉掛け講習
  • 玉掛け実技
  • 有機溶剤講習
8月
  • 夏休み
9月
  • 学科実習試験
  • 芋煮会
10月
  • モーターショー見学(2年毎)
  • 損害保険試験
11月
  • ◦SUGOサーキット
  • 安全運転講習会
  • 進路指導講習会
12月
  • 低圧電気取扱講習
  • 冬休み
  • 後期学科・実習試験
1月
  • JAMCA試験
2月
  • 卒業試験
3月
  • 卒業式

授業の様子

遊びごころがセンスを磨く

syatai05車体整備は板金・塗装だけではない。しかし、外観を美しく仕上げるセンスは必要だ。車体整備専攻科では、工具箱の塗装をはじめ、布用の染料を使って、自分の好きな文字やデザインのオリジナルTシャツを創るほか、ネイルチップを制作したりもする。技術は積み重ねによって身に付いていくものだが、センスは遊び心が大事なエッセンスになるものだ。そういった制作実習を通して自由な発想を磨く事も授業の一環だ。塗装はスプレーガンの細やかな動かし方一つでキレイな塗装の仕上がりでも”個人差”が出る奥深い世界である。また、普段の実習とは、また違うリラックスした真剣な表情が見れる実習でもある。

ボディ・マンを目指して

車体整備が必要とされるのは、事故によって車体に損傷が生じた時だ。その損傷が外観の場合と車のフレーム(骨格)にまで及んでいる場合とでは対処の仕方がまるで違ってくる。
KADANにあるフレーム修正機や塗装ブース、パネルヒーターをはじめ、吸気システムが整っている車体整備専攻科の実習場は、メーカーの整備工場にもひけをとらない。また100色以上揃った塗料の配合の仕方も、実際の現場でのやり方と同じ。即戦力となる技術が確実に身に付く環境で、未来のボディ・マン達はイキイキと楽しみながら学んでいる。

学校紹介ムービー
鈴木 亜久里氏からのメッセージ
お問い合わせ・ 資料請求
女子向けパンフ
LINE@はじめました

リンク集

花壇自動車学校
仙台観光コンベンション協会
VEGALTA仙台
楽天イーグルス
仙台89ERS

花壇自動車大学校は、ベガルタ仙台、楽天イーグルス、仙台89ersのオフィシャルスポンサーです。

自動車整備士になるには
学費支援制度/日本学生支援機構
教育ローンについて
ロータストラックネット認定校・奨学制度

ページ先頭に戻る